Photo のページに「ラングーンからヤンゴン」を載せた。これがちょうど100ページの写真ページとなった。それがどうしたと言われそうだが、きりのいい数字はそれだけでも何となくうれしい。

このページの文章を書いていて今さらながら気がついたのが、ミャンマーに初めて行ってからもう23年経っていたのだ。ちょうどこのときが初めてのアジア一人旅でどこに行っても何を見ても誰に会っても感激していた。ついこの間のように思い出すが、もう23年経っていた。そのとき思っていた未来の姿と今の現実とは全く違う。ソ連がなくなるなんて誰も想像していなかった。インターネットのようなものが世界に広がるなんてことも。自分が今のような生活をしているということも。

では、23年後はどうなっているだろう。自分はもうこの世にいないかもしれない。このCampur Photoのサイトはどうなっているだろうか。考えても分からないことは分からない。自分には、地道にサイトを作っていくしかないようだ。

 

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

最新ブログコメント

  • Hi there, I wish for to... More...
  • Wonderful, what a weblo... More...
  • I have been browsing on... More...
  • Amazing blog! Do you ha... More...
  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 秋の気配、にほいたつ 足の気配もにほいたつ More...

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
cialis indien bestellen viagra cialis levitra differenze viagras adomicilio cialis wo kaufen viagra generico mg viagra etat unis viagra online rezept viagra libre farmacia viagra sin receta levitra 20 mg preisvergleich
viagra on line senza ricetta dysfonction erectile cialis requiere receta medica achat viagra en ligne pharmacie acquista levitra viagra nicht verschreibungspflichtig comprar cialis em portugal prix levitra levitra 20 mg tarif levitra compra cialis generico