Campur ブログ

 



『愛犬物語45話 全国の犬像をめぐる』

犬像から日本人の犬や動物、自然との関わりかた、感じ方が見えてくる


20174月下旬出版予定

写真・文: 青柳健二
発行: 青弓社

A5判・並製、200ページ、フルカラー、定価1800円+税、4月下旬刊

 

2009年から約1年間かけて、私は妻と愛犬(雄のビーグル犬「ヴィーノ」)を連れて日本一周の旅をしました。車に家財道具を積み込み寝泊まりしながら、北は北海道から南は沖縄まで、すべての都道府県をまわりました。

犬連れということもあり、旅先では犬に関係するものが目につきました。それで、全国には犬の像・墓・塚・碑などが数多くあることがわかり、それぞれには伝説や物語が伝わっていることも知りました。わざわざそういった犬の像を建てるくらいだから、その犬たちは忠犬(昔は「義犬」と呼んだ)であり、またそれ以上に愛犬だったということでしょう。

有名な「忠犬ハチ公」を初めとして、雪崩から主人を救った新潟の「忠犬タマ公」、伊勢神宮や金毘羅さんを飼い主の代わりにお参りした「おかげ犬」や「こんぴら狗」、怪物から村人を救った「しっぺい太郎」や「霊犬早太郎」、『南総里見八犬伝』の「八房」など、史実の犬、伝説の犬、フィクションの犬と様々です。

オーストラリア先住民アボリジニーには、「犬のおかげで人間になれる」という言葉があります。奥が深い言葉だなぁと思いますが、犬がいなかったら今の人間はなかったし、犬もまた人間と暮らさなかったら、今の犬ではなかったかもしれません。

互いが互いを必要とし協力しながら暮らす仲間です。そして違う種でありながら家族という集団を築ける、これは奇跡といってもいいのではないでしょうか。

愛犬の物語を探しているうちに、日本人の犬や動物、自然との関わりかた、感じ方が見えるような気がしてきました。日本独自の供養の文化も感じます。犬像は、私たち自身を見る鏡になっているのです。

古くは江戸時代のものから平成27年のものまで、お勧めの日本全国の犬像を約60基集めてみました。造形としてのすばらしさもあります。バリエーションが豊富で奥深い愛犬物語の世界を覗いてみてください。

 

★登場する愛犬たちの一部★

小樽市;消防犬ぶん公  南富良野町;忠犬ハチ公  大館市;秋田犬の里  高畠町;犬の宮・猫の宮  鶴岡市;大山犬祭り  会津若松市;酒井隊士と愛犬クマ  須賀川市;代参犬シロ  太田市;救命犬  長野原町;犬塚の跡碑  銚子市;犬岩  君津市;久留里城址の和犬  南房総市;「里見八犬伝」の里  秩父市;三峯神社のお犬さま  東京都中央区;初代セラピー犬チロリ  台東区:落語の「元犬」  港区;乙女と盲導犬の像 板橋区;警察犬アルフの墓  中野区;お犬屋敷跡  千代田区;軍犬慰霊碑  立川市・堺市;樺太犬  駒ケ根市:霊犬早太郎  新潟市;忠犬タマ公  磐田市;しっぺい太郎  名古屋市;盲導犬サーブ  伊勢市;おかげ犬  九度山町;高野山の案内犬ゴン  琴平町;こんぴら狗  松山市;目の見えない犬ダン  九重町;ガイド犬平治  筑後市;羽犬  大村市;小佐々市右衛門前親の義犬・華丸  薩摩川内市;西郷どんのツン はじめ約60基

 

 

夢のイメージで心を活性化させるために夢曼荼羅のブログ作りました。


 

夢日記 『月柱』YouTubeにアップしました。

2015年の「旧暦棚田ごよみ」の予約受付中です

明治5年まで日本で使われ続けてきた、月の満ち欠けを1ヶ月とした、本当の旧暦(太陰太陽暦)カレンダーです。

月の満ち欠けの絵や、「二十四節季」、「七十二候」、「雑節」、それと「新暦の日付」も入っています。

「使いづらいけど、美しい暦」です。

一般的な西暦のカレンダーは巷にあふれているので、セカンド・カレンダーとして考えていただけるとありがたいです。

注文フォームはNPO棚田ネットワークのHPからどうぞ。

http://www.tanada.or.jp/tanada_goyomi/

http://youtu.be/mQe6Kip5iPE

121020

 

今年になって、いろいろとKindleで写真集を出版しました。

 

The 80s of CHINA [Guangzhou 廣州]

『The 80s of CHINA [HongKong 香港 Guangzhou 廣州]』。1984~1987年の香港・広州の白黒写真集です。

 

妻と犬連れ日本一周、車中泊の旅

『妻と犬連れ日本一周、車中泊の旅』。2009年から2010年にかけて約1年間、北は北海道から南は沖縄まで、妻とヴィーノを連れて全国すべての都道府県をまわった車中泊旅の旅行記です。

 

『日本の棚田撮影ポイント 中部・近畿地方編』。写真撮影に適した棚田を57ヶ所(掲載写真は100点)選んであります。掲載写真1点ごとに撮影場所を示したGoogle地図(外部)にリンクをはってあります。

 

『行ってみたい日本人の知恵の風景74選』。雑誌に連載された写真と解説文に加筆修正を加えたものです。、電子書籍にまとめるにあたって、掲載写真のなるべく正確な撮影ポイントの地図にリンク(外部)を張っておきました。

 

DAWN

『DAWN(夜明けの写真集)』。日本全国各地で撮影された夜明けの風景写真集です。

 

TANADA Japanese rice terraces

『TANADA Japanese rice terraces』。日本の棚田を紹介する英語版写真集です。中島峰広先生の英文解説付きです。

毎年恒例となりましたが、今年もこんな時期なんですね。

来年の干支は「巳」です。雲南省ナシ族に伝わる象形文字「トンパ(東巴)文字」で「巳・蛇」をアップします。画像は年賀状印刷にも対応できるだけのデータ量があります。自由にコピーして使ってください。

トンパ文字「巳」は、納西象形文字譜(雲南人民出版社 1981年)を参考にしました。

Ya_2雲南館トンパ文字のページ

121121

 

桜の単行本の企画は、福島在住の作家の玄侑宗久氏との共著という形で出版されることに決まりました。
桜は、昨年と今年4月中旬から5月上旬にかけて、福島、宮城、岩手県で撮影した被災地の写真です。
今まで俺はそれほど桜に興味はなく、咲いてれば写真に撮ったり花見をする程度で、たいして意識をしたことがありませんでした。
ところが、瓦礫で咲く桜、根こそぎ倒されても咲く桜、折れた幹に芽吹く花、そして陥没した海岸線で海から咲く桜の姿には衝撃を受けました。桜が冷たい塩水の中で満開の花を咲かせているんです。
桜のイメージが「強さ」にかわり、それが復興に向けがんばっている人たちとダブって見えるようになりました。「美しさ」はたんに「きれい」なのではありません。
俺はこの瓦礫で、傷つきながらもけんめいに生きている桜という「命の木」に、初めて「美しいなぁ」という思いを持ちました。
また桜が、被災者だけではなくて、俺たち日本人を元気にしてくれるものだと気が付きました。2年ぶりの花見、これほど待ち焦がれた花見は今まで見たことがありません。みんなの笑顔が忘れられません。
単行本を通して「未来」や「希望」を感じさせる本になればなぁと思っています。
発売時期が来年の桜のシーズン前、2月に決まったようです。

 

121026

2013年の「旧暦棚田ごよみ」ができました。

明治5年まで日本で使われ続けてきた、月の満ち欠けを1ヶ月とした、本当の旧暦(太陰太陽暦)カレンダーです。

月の満ち欠けの絵や、「二十四節季」、「七十二候」、「雑節」も入っています。

来年1月(睦月)は、西暦の2月10日からはじまります。西暦に慣れている身には発想の転換が必要です。

「日本一使いづらいけど、面白くておしゃれな暦」です。

一般的な西暦のカレンダーは巷にあふれているので、セカンド・カレンダーとして考えていただけるとありがたいです。

注文フォームはNPO棚田ネットワークのHPからどうぞ。

http://www.tanada.or.jp/tanadanetwork/goods/

121020

何が気に入ってもらえたのか、カレンダー販売会社からの依頼があって、「犬旅」が来年2013年用の卓上カレンダーになります。

『犬旅 日本一周』
http://calendar-no-chikara.com/estimate.php?item_id=n0000175

ヴィーノは、新聞に出て、テレビに出て、週刊誌に載り、そして今度は卓上カレンダーに。

うちの家訓は「働かざるもの、食うべからず」で、これはヴィーノにも適用されます。「動物との共生」とはこういうことです。うちに「ペット」はいません。

貧しい我が家の家計を助けてくれる「忠犬」として、今回はほめてやりたいと思います。『犬の恩返し』とかいう童話にでもなりそうな話です。(そうでもないか?)

(関係者の方々へ。現在製作中の「旧暦 棚田ごよみ」は、卓上カレンダーではないので、バッティングはしません)

 

スライドショー「犬連れ日本一周の旅(東北・関東・甲信篇)」 YouTubeにアップしました。

 

 

今日23:00から、エアー・アジアの、プサン行きチケットが売り出されましたが、キャンペーンチケット(運賃230円)は手に入りませんでした。

開始と同時に手続きをはじめたはずですが、カード番号記入でもたついたのが原因だったのか、とにかく、操作が遅かったということでしょう。残念。

ところで、このブログ、一年以上、事情があって休んでいましたが、また動き出します。

その間、コメントもいただいたようですが、返事も返さず申し訳ありませんでした。あらためて返事書くのもへんなので、そのままにしてあります。

今後はちゃんと返事を返しますので、よろしく。

(あおやぎ)

最新ブログコメント

  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 秋の気配、にほいたつ 足の気配もにほいたつ More...
  • 撮影byあしくさおじさん More...
  • なんといっても変なおじさんです からね(笑) ... More...
  • この変なおじさんは、どんなこと を話してくれる... More...

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
viagra bestellen erfahrung viagra per donne viagra bij vrouwen cialis generico en españa viagra kopen in amsterdam viagra från indien comprare viagra senza carta di credito cialis tabletas viagra le bon coin pas chercher une adresse en france cialis online sicuro forum
kamagra på nätet tadafil tadacip cialis precio españa achat kamagra mg livraison rapide cialis 5 mg generico cialis generico prezzo in farmacia cialis packungsbeilage achat cialis paiement paypal kamagra generique simili viagra online