japan_chuosen01_029

東京と高尾を結ぶ中央線。
中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、吉祥寺、三鷹、などなど、比較的知られた街が並ぶが...。

東京で最初に住んだのが荻窪だった。本当は高円寺か阿佐ヶ谷に住みたかったが条件にあう物件がないので隣街で妥協することにしたのである。なぜ高円寺や阿佐ヶ谷だったのかというと、たいした理由ではないが、昔インドで出会った人から、高円寺、阿佐ヶ谷はいいよ~(高円寺は東京のインドだよ~)と聞かされていてそれが印象に残っていたからで、他に住みたいところもとくになかったから、素直に中央線を目指すことになった。

荻窪に引っ越してきて最初に買った本のことをよく覚えている。「中央線の呪い」という少し大袈裟なタイトルの本だったが、中央線の街の魅力とちょっと変な中央線人について面白おかしく解説されていた。賑やかな商店街、飲み屋、喫茶店、古本屋、ヒッピー、インド文化など話が満載で、昔、話に聞いたとおりの雰囲気らしい。この本を読みながら、自分には中央線があいそうかなあ、とぼんやりと考えたりもした。

...そしてあれから8年、今も中央線のちょっとはずれ(西国分寺)に住んではいるが、中央線文化と馴染みになることは結局なかったようである。行きつけの飲み屋や喫茶店があるわけではなく、ブックオフ以外の古本屋に出入りするわけでもなく、中野、高円寺あたりのサブカルチャーにも興味はなく、また、井の頭公園がお気に入りになるということもなかった。自分にあうかなあと思ったのは結局錯覚だった。

2年前、東京を撮り始めたときも中央線沿いの街には何度か通った。なんといっても近場だからつい足が向いてしまうのだが、写真のほうは手応えがなく困った。中央線沿いはどこも駅前にごちゃごちゃした商店街があって、あとは平坦な土地にひたすら住宅街が続くばかり。似たような写真ばかりが量産され、だんだん街を歩くことに疲れてきてしまった。

中央線沿いで撮った写真は見返すこともあまりなかった。Campur Photoでもギャラリーを作る予定はなかったが、モノクロに変換して見るうち気が変わった。撮影中はたしかにおもしろくなかったし、逆に切ないような気持ちばかりが強まってそれが鬱陶しかったが、モノクロにするとその切ないような気持ちだけはとりあえず写っているようである。写真点数が非常に多くなったが、歩いても歩いても似たような街並みばかりが続く苛立ちというか、そういうのも含めて当時の気分そのものだと思う

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

最新コメント

  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • 同じアシア人、 こんにちは、馴染めまして、よろ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 2009年にこの写真に写るネパ ーリババとはネ... More...
  • 私は陰陽という思想は悪側の論理 と考えます.な... More...
  • 秋の気配、にほいたつ 足の気配もにほいたつ More...
  • 撮影byあしくさおじさん More...
Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
site pharmacie viagra commande viagra via suisse achat viagra non generique ricetta levitra viagra holland ohne rezept acheter viagra en andorre cialis acquista kamagra para mujeres compra cialis generico en españa viagra barcelona
viagra americain viagra kaufen seriös cheap indian viagra levitra livraison express viagra voor vrouwen kopen tadalafil bestellen livraison express viagra acquistare viagra su internet pillole di kamatra prix du viagra au maroc