myanmar_bagan02_2

バガン遺跡の中心地、オールドバガン。80年代まで小さな町(村)があったが、遺跡保護という名目で90年代初めに住民は4kmほど南に離れたニューバガンに強制移住となった。今ではオールドバガンに住む人たちはごくわずかだ。オールドバガンの東側に6kmほど離れたところにニャンウーという古くからの町があり、ここがバガン近郊では一番大きな町だ。空港もニャンウーにある。

バガンはエーヤーワディ河(イラワジ川)に面している。80年代まではそこで砂金取りをする人も多かった。エッエーは若いころエーヤーワディ河で漁師をしていた。稼ぎが少ない漁師をやめて馬車ドライバーとなったのは、外国人観光客が入り始めた90年代中頃だった。英語は独学、耳で聞いて覚えた。マドンナという牝馬を相棒に毎日バガンの遺跡を走っている。オールドバガンの僧院の敷地内にある小さな家で家族が待っている。

私が1987年に初めてバガンに行ったときにエーヤーワディ河で砂金取りをしていたのがジャンボ。人より大きかったらあだ名がジャンボだ。その頃少女だった彼女が今はお母さん。オールドバガンの小さな露天でお菓子や噛みタバコを売っている。

私がよくバガンに行っていたときに泊まっていたのが、ニャンウーのラッキーセブンというゲストハウス。家族同様のもてなしを受けた。そのラッキーセブンも別の会社の事務所となり、今はもうない。

バガンには毎日多くの観光客が来ては帰っていく。そこにも普通の生活があり毎日小さなドラマが起きていた。いつしか、私のカメラも遺跡そのものからその周りに生きる人の方へ向かっていた。今その時に撮った写真を見ている。その時撮った写真はその時は「今」だったが、10年以上も経つと「過去」になっている。あと100年も経つとどうなるか。遺跡が過去の記憶を残すものなら、写真は遺跡そのものかもしれない。

 

バガン1(遺跡) | バガン2(遺跡に暮らす)

 

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

最新コメント

  • I have noticed you don'... More...
  • I think your blog needs... More...
  • I see you don't monetiz... More...
  • It'ѕ wonderful tһat you... More...
  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • 同じアシア人、 こんにちは、馴染めまして、よろ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
original cialis rezeptfrei pillule bleu viagra farmacia viagra viagra pilule viagra på apoteket kjøp viagra viagra kopen in amsterdam comprar levitra por internet cialis moins cher en france pharmacy cialis
viagra generika wirkung köp levitra cialis offerte in italia acquisto cialis 5 mg vardenafil costo sildenafil dosaggio viagra moins cher pharmacie cialis generique canada cialis in farmacie di romas günstig viagra kaufen