india_ladakh03_002

中国国境に程近い大平原に遊牧民を追った。

旅に憧れる人間がまず考えることのひとつが、遊牧民に会ってみたいということではないだろうか。最初のインド(海外)旅行のあと、僕は世界地図を引っ張り出してきて中央アジアからチベットあたりを何度となく眺めて、遊牧民に出会うことをひたすら夢見ていた。あれから約20年、当初の予定通り(?)、僕はずっと旅にかかわり続けてきた。それはよかったのだがひとつ誤算があった。インド中心に歩いてきたため遊牧民と関わることがほとんどなかったのである。インドでたくさんの放浪者と出会ったが、彼らは遊牧民ではない。無人の荒野を渡り歩くためには家族と家畜が必要なのだ。インドの放浪者の理想はむしろ家族を捨てることにあり、同じ旅暮らしでも両者には大きな違いがあるような気がする。

遊牧民とまともに出会ったのはただ一度、このページのラダック遊牧民だけだ。ちょうど印パの緊張が高まっていた時期で、中国国境よりのツォモリリ湖近郊へのジープツアーが格安になっていた。「パキスタンから核攻撃されるので一緒に東に逃げよう。遊牧民の写真も撮れるぞ!」とガイドにそそのかされ、ラダックで出会った日本人5人で3泊4日のツアーに出掛けた。

たった3泊4日のツアーで何が分かったわけでもない。ただ、彼ら遊牧民の住む高原地帯はめちゃくちゃ美しく、また、夏だというのに夜はこれまためちゃくちゃ寒くて(標高がたしか4500メートル)、強風が吹けばテントを建てるのも困難になる、ということがよく分かった。空にはもちろん満点の星、だったような...(?)。

生まれ変わったら今度は遊牧民を追いかけてみよう。

関連ページ
ラダック
ラダック密教空間

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

最新コメント

  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • 同じアシア人、 こんにちは、馴染めまして、よろ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 2009年にこの写真に写るネパ ーリババとはネ... More...
  • 私は陰陽という思想は悪側の論理 と考えます.な... More...
  • 秋の気配、にほいたつ 足の気配もにほいたつ More...
  • 撮影byあしくさおじさん More...
Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
cialis indien bestellen viagra cialis levitra differenze viagras adomicilio cialis wo kaufen viagra generico mg viagra etat unis viagra online rezept viagra libre farmacia viagra sin receta levitra 20 mg preisvergleich
viagra on line senza ricetta dysfonction erectile cialis requiere receta medica achat viagra en ligne pharmacie acquista levitra viagra nicht verschreibungspflichtig comprar cialis em portugal prix levitra levitra 20 mg tarif levitra compra cialis generico