japan_kumano_nakahechi02

中辺路(なかへち)は、田辺から熊野大社へ至るルート。しかし、田辺から滝尻までは古道がほとんど残っていないので、滝尻から熊野大社まで1泊2日で歩いた。滝尻から熊野大社まで約40kmほど。
map01_32地図

小辺路、雲取越えを歩いて一度東京に戻り、3週間ほどして中辺路へ向かった。もう11月、山は霜が降りるはど寒くなっていたが、暑いよりはずっといい。中辺路は最初の滝尻から2時間ほどの上りを除き、アップダウンもきつくなく楽に歩ける。古道も整備されているので迷うこともないだろう。私が歩いたときは3連休にかかっていたせいか、何人かの人たちと出会った。ただ、滝尻から熊野大社まで全部歩く人は少なかった。

1日目は天気がよかったが、2日目は途中から雨になった。歩くのは大変だが、写真的には雨のほうが雰囲気がでる。このとき、熊野本宮まであと1時間半ほどのところでかなりの土砂降りになってきた。雨カッパ姿で一人車道を歩いたら、後ろから車が来て止まった。「乗って行きなさいよ」と、声をかけてくれた。暖かそうな車内にちょっと心が揺れたが、最後まで歩きたかった私は丁寧にお断りした。こういう親切な人に出会うと、その土地への親近感が沸いてくる。

あたりが少し薄暗くなってきた中、熊野本宮に到着した。本宮の宿坊で荷をとき、まずカメラをチェック。防水ではないカメラは、内部に水が入ったためか液晶部分がちょっと曇っていたが、問題なく動いていた。撮影時に上にタオルをかけるくらいで雨対策をやってなかったが、熊野古道を無事撮影できた。大変だったのは私よりもカメラだったかもしれない。

写真は、3段目の建物の写真までは滝尻から継桜王子、その後は継桜王子から熊野本宮大社。最後の写真は列車の窓からの熊野灘だ。

その昔、熊野灘では補陀落渡海が行われていた。修行者が小舟に乗り、海流に流されるまま補陀洛にたどり着くことを願った。補陀洛(ふだらく)はインドのはるか南方海上にあるという八角形の山、サンスクリット語ではポータラカといい、チベットのポタラ宮の名前の由来にもなっているという。那智の青岸渡寺も開祖はインドから来た裸形上人だ。熊野はインドやチベットともつながっている。

 

熊野古道(小辺路) | 熊野古道(雲取越え) | 熊野古道(中辺路)

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

最新コメント

  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • 同じアシア人、 こんにちは、馴染めまして、よろ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 2009年にこの写真に写るネパ ーリババとはネ... More...
  • 私は陰陽という思想は悪側の論理 と考えます.な... More...
  • 秋の気配、にほいたつ 足の気配もにほいたつ More...
  • 撮影byあしくさおじさん More...
Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
impuissance sexuelle køb cialis online cialis indien livraison viagra en h tadalafil tadalis pille 20mg kjøp kamagra viagra super active plus cialis 5mg preis levitra en suisse cialis mejor precio
achat cialis en france pharmacie en ligne belgique viagra usa kaufen sildenafil prix old partner company cialis xhamster viagra te koop in belgie comprare il viagra senza ricetta acheter viagra sans ordonnance vendita viagra in italia venta de viagra