india_varanasi03_00304

ヴァラナシは死者たちが行き交う聖地でもある。死者たちの魂とともに三途の川を渡って彼岸への旅に出てみよう。

ヴァラナシはともかく疲れる街だ。うるさい客引きが群がるのは構わないとしても、彼らの態度が変に馴れ馴れしいのがとても不愉快。とはいえ、いちいち怒るのもストレスも溜まるので、朝夕はボートに乗って対岸に行くのを楽しみにしていた。決まったボート屋の一群があって、近くを通りかかると声が掛かる。

ボートに乗ってガンガーに漕ぎ出す感触は何度味わってもいいものだ。鬱陶しい街を離れて今日もあの世の旅に出る。そんな開放感がある。ヴァラナシのガンガーは霧の朝や夕暮れに眺めているとよく分かるが、まさに三途の川である。三途の川のモデルはたぶんヴァラナシだろう(火葬場で有名な街であるぐらいだから当然そうなのだろう)。

此岸から彼岸まではざっと15分ぐらい。彼岸には何があるのかというと、ほとんど何もない砂地となっている。しかもかなり広大だ。商売に関するものは掘っ立て小屋の茶屋が一軒あるだけ。砂地の向こうは行ったことがないが、いくつかの村がある。さらにグーグルマップで調べると、ちょっとした幹線道路も走ってはいるが何故か大きな町は見当たらず、地図をたどっていくと、そのままデカン高原の山の中に続いていた。ということはどういうことか?つまり、ヴァラナシで火葬された死者の魂は三途の川を渡って対岸の砂地を通り、そのまま母なるデカン高原の山並みへと帰っていくのである。

対岸散歩は、朝と夕ならあえて夕を勧める。ガンガーをはさんで長く連なる街の向こうに夕日が沈んでいく。死者の気持ちになって考えると、このあたりで一度この世を振り返り、いろいろあった人生をちょっと懐かしみながら、最後にサヨナラして遠く黄泉の国へと旅立っていく。そんなイメージだ。死人になった気持ちで街を眺め、写真を撮る。そんなことが出来る街はヴァラナシをおいて他にない。


関連ページ
ヴァラナシ1(朝霧)
ヴァラナシ2(動物)
ヴァラナシ4(此岸)

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み

新着 Photo

iPhone 散歩(ラスベガス)
2010/12/21 - 後藤 修身

プイ族のロウケツ染め
2010/12/20 - 青柳 健二

植物幻想(明治神宮御苑ほか)
2010/11/16 - 柴田 徹之

iPhone 散歩2
2010/11/12 - 後藤 修身

非日常的な散歩道
2010/11/10 - 柴田 徹之

最新コメント

  • I'm not even an advocat... More...
  • Never gamble a lot more... More...
  • 初めまして。 私、日本のテレビ局で働いている ... More...
  • 同じアシア人、 こんにちは、馴染めまして、よろ... More...
  • こんにちは、はじめまして。 「Kindle 写... More...
  • 2009年にこの写真に写るネパ ーリババとはネ... More...
  • 私は陰陽という思想は悪側の論理 と考えます.な... More...
Do Joomla!
Copyright © 2010 Campur Photo
impuissance sexuelle køb cialis online cialis indien livraison viagra en h tadalafil tadalis pille 20mg kjøp kamagra viagra super active plus cialis 5mg preis levitra en suisse cialis mejor precio
achat cialis en france pharmacie en ligne belgique viagra usa kaufen sildenafil prix old partner company cialis xhamster viagra te koop in belgie comprare il viagra senza ricetta acheter viagra sans ordonnance vendita viagra in italia venta de viagra